第18話 自分との戦い

別れた元カレを後悔させたい。

恋愛で相手の男に対する怒りをおぼえた女子なら、少なからずそう思うだろう。

咲良は誓った。

もっとキレイになって、最高の彼氏を見つけて、井原に惜しいことをしたと思わせてやる、と。

まずは見た目でわかるように、ダイエットに本気で打ちこむことにした。

食生活を根本から見直し、身も心も美しく元気になること。

健康的なハツラツメリハリボディになること。

そのことを念頭に入れ、節約しながらも栄養価の高い食事作りに励んだ。

朝食は消化のよいお粥にし、米の使用量は少なめにし低コストに。

食費の中でも米代は大きな割合を占める。

主食を抑えると、その分出費も浮く。

夜は主食の炭水化物を抜かし、タンパク質メインのおかずを多めにとり、野菜もしっかり食べる。

清掃は日々体力勝負だ。

肉体労働だし、重たいものを運んだりもする。ほどよく筋肉をつけて、心も身体もたくましく。

カラダを鍛えると、メンタルも鍛えられる気がした。

―あんな自己中な男のために泣きたくない。

涙をこらえ、時には甘いものを食べたい衝動を抑え、己の食欲と戦いながら日々を過ごした。

食事にこだわると、どうしても後片付けやなんやらで時間があっという間に過ぎてしまう。

井原のことを考えないためには好都合だが、朝早いのに寝るのが少し遅くなるのはつらい。

―週末ぐっすり眠ればいいから、普段は少しづつ睡眠時間削ってもいける。まだ若いんやし。

そう自分に言い聞かせ、ダイエットに集中した。

食欲と睡眠欲、本能を求める自分との戦いの日々が続いた。

人間の根源にはもうひとつ、性欲もある。

咲良も時折、ひとりの夜にさみしさを感じた。井原の温もりを思い出し、悲しくなる時もあった。

さみしさから逃れるために、食欲が暴走しそうな時もある。

そんな時はガムを噛んだり歯を磨いたりして、気分をごまかすのだった。


1ヶ月後―。


「きむちゃん最近痩せたねぇ」

周りからそう言われることが増えた。

「背中のハミ肉がスッキリしてるやん!」

「そぉ?」

後ろ姿は自分では見えないので気づきにくい。特に贅肉を落としづらい箇所なので、ダイエットの成果に一番喜びを感じる。

「姿勢も良くなって立ち姿がかっこいい」

おだてられると調子にのる性格なので、自信をつけて仕事中も堂々と振る舞えるようになった。

井原と別れた直後は、25階に行くといつ元カレに会うんじゃないかと身を縮めてビクビク行動していた。

それが今では、いつでもかかってこんかい!と思えるようになった。

そりゃそうだ。1ヶ月真剣に自分を変えようと思って、体重5kg落としたのだ。

同時進行で美肌にも力を入れた。

先輩の真行寺から、

「毎日飲むだけで肌キレイに白くなるサプリメントドリンクがあるんよ。その名もシンデレラドリンク!試してみいひん?」

と紹介され、もうすぐボーナスも出るしと奮発して購入してみた。

女性誌などでも紹介され興味を抱いたのだが、何よりシンデレラの名に惹かれた。

飲み始めて3日目ほどで、肌に透明感が出てきた。

その後は朝目覚めるたびにウルツヤの肌で、キレイになっていくたびに気持ちが前向きになった。

過去を振り返るより、明日が楽しみになった。

―女に生まれてよかった。

自分磨きをしていると、自然とそう思える。

1ヶ月前は鏡の中の自分は涙目だったのに、今の自分は輝いて微笑んでいる。

―私、キレイにするのが好きなんだな。

仕事でも自分のことでも、綺麗になったと思えるスッキリ感と達成感。

これがうれしくてずっと続けられる理由なのだと気づいた。

手間ひまかけて時間を費やし成果を出す、それが楽しくてついやりたくなってしまう性分なのだと。


6月に入り制服も夏モードになり、三角巾をしなくてよくなった。

「ダッサイあれとれてよかったよねー。頭涼しいしこれでちょっとは髪でおしゃれできるわ。なんぼかマシやな」

口の悪い美帆はそう言って自分の長い黒髪をポニーテールにして結い喜んでいる。

咲良は肌色も白く内側から輝くツヤ肌になってきたので、髪色を明るめの茶色にし、ガッキーのようなショートボブにしてみた。

これが似合う!かわいい!と周囲から大絶賛。

ダイエットの成果でウエストも細くなりそこをしっかり巻いたエプロンが強調するので、スタイルは抜群に良く見えるのだった。

それに付け加え笑顔で明るくあいさつしたり話すものだから、ちょっとしたNビル内のアイドル的人気者になりつつあった。

Mファシリティーズ内だけでなく、テナントさんからも

「かわいすぎる清掃員がいる」

と話題にのぼるほどだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料