花葬

作者 黄間友蚊

その場所では《女》は人ではなく、《花》だった。

  • ★★★ Excellent!!!

《花》は麗しく咲き誇り、萎れて散りゆくもの。
嘆けど咲き続ける花は無し。

なにげなく読みはじめましたが、いやはや実に素晴らしい小説でございます。とある遊郭の女郎たちの人生模様が洗練された文章で綴られ、読み進める手がとまらなくなりました。
女郎のたどる人生は、着物やかんざしで飾りたてた其の姿のように華やかなものではないけれど、底知れない闇のなかでも背筋を伸ばして生きようとする、女の矜持はさすがと驚嘆せずにはいられません。
物語はあくまでも、ひとりの《女郎花》を主軸に進んでいきますが、群像劇に近いものも感じます。
これからどのような展開になっていくのか。
期待しながら待っております。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夢見里 龍さんの他のおすすめレビュー 168