ジェシカエンジン

作者 大澤めぐみ

190

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは是非読んでびっくりしてほしいので一切ネタバレはしません。
一つ言えることはこの小説、恐ろしく無駄がないです。
余談と思われるところは所謂「無駄のない無駄な動き」というやつで後々回収されます。
回収したあげく何やら近未来的なアートに仕上がってます。

★★★ Excellent!!!

怒涛の勢いでバキバキ枝をへし折りながら森林を全力ダッシュするような爽快感は癖になってしまう。
相変わらずの作風がもうたまらない。
良い作品というのは、それを見た人が自分も何かを生み出したいと思う作品だ。
この作者の作品に触れると例外なく創作意欲が湧くので、とっても好き。それになんも考えなくていいので本当にただただ楽しい。
これからもたくさんの毒々しい闇鍋を火にかけて煮詰めまくってください。応援してます!

★★★ Excellent!!!

スコーンとやるためには、まあ理由が必要で、ゴリラも理由になるんだけれどそれだけがエンジンにはならず、ストーカーっぽかったり、ぬるい大人だったり、舐めた大人だったりと、最後にスコーンとやるために溜めていく原因というのが沢山ある。日常の中の非日常が蓄積されていく。本当に非日常が起こってしまって、しょうがないので、スコーンとやる。
スコーンの向く先は、とりあえず分かりやすいところではあるけれど、実は矛先は周囲のすべてに向かっている。
でもそれを全部に向けないのが、日常を生きる女子高校生の処世術というか、生活あるからしょうがないでしょというか、完全に納得しているわけではないけれどこんなものでしょうというか。
そんな感じで生きざるをえないのかしら、などと思う。

★★★ Excellent!!!

『おにぎりスタッバー』同様というか相変わらず改行が少なくて長いセンテンスが多かったり、何気にちょっと不穏な思想が発言の中に紛れ込んだりしてるけど、それはさておきそんな不穏な発言をしたラクダ顔の男はどうなった?

っていうか、ジェシカの身の上のエピソードがなかったらすばる新人賞とか河出書房の文藝賞とかの候補作ですと言われても「ふぅん」って信じちゃう感じのブンガクしてるっていうか
でもジェシカの身の上ことに触れなければタイトルの意味不明なんだけど、でもそもそもジェシカが出てくる必要あった!?

でもって10万字ぴったりで終わるってすごい

★★★ Excellent!!!

内容を読む前はジョシ力(ちから)エンジン搭載のロボット物と思っていたのですが、実際は語彙が中年っぽいバトントワリング少女達による最近の世の中って確かにこういう感じの人多いよね、うん、そうそう、え、ゴリラ?という感じの青春物でびっくりしました。

登場人物が全員まともじゃないのに、何故か(あ~、あるある。こういうのある)と思わせられる大澤さんの描写力は流石だと思います。

何時の日か、他のエンドにジョシ力(ちから)エンジン搭載のロボットが出るのを期待して☆三つです。

★★★ Excellent!!!

異常な事態に慣れてしまったり、通りすがりにその部分だけ切り取って中立だと思って邪悪を働くまーまーパーソンの描写に「ツイッターとかでよくあるやつだ!!!!」と思ってたらゴローくんをぶっちぎってゴリラとババアが雪崩れ込んできて力強くラストまで持っていかれるゴリラストーリー。ゴリラは強い