絵月と牡蠣フライ

作者 なっぱ(偽者)

25

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

牡蠣フライの話だけで、ここまで面白いと思ったのは初めてです。
つい、どれだけ牡蠣フライが好きなんだ!とツッコみたくなりました。

さらに読み進めていると、無性に牡蠣が食べたくなってしまいます。
まさに飯テロです。是非この作品を多くの方に読んでもらいたいと思いました。

ちなみに私は、牡蠣フライはタルタルソースでいただくのが大好きです。

さんがに★で称えました

Good!

牡蠣フライの話であります。
途中、私は食わず嫌いの人を連想しました。
食わず嫌いで牡蠣フライを食べないというのは、もったいないと思います。
また、インターネットで食べ方を調べるというのは、個人的にはあまりしない事なので参考になりました。

食事を学ぶという観点からすると面白い話です。

一食いかが?

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

とにかく主人公絵月が牡蠣フライを食べているだけの話。それなのに、時々ニマニマしてしまう。怒涛のように描かれる牡蠣フライ情報と、絵月の本気のせいである。余談ではあるが、これだけフライを食べているのに体重に全く言及がないのも潔い。そして、牡蠣フライを揚げたくなること必至である。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました