僕の周りの変人達の狂想曲への憂い

作者 川津 中

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公のキャラクターというのは難しい。この作品の主人公は思い切りが良く、そのくせ行動力の源泉は小者。そこが魅力的に写ってしまうのだから不思議なものです。ろくでもない目に会おうとも次の瞬間には切り替えている!
 妙なことばかりしているはずなのに不思議な爽快感がこの作品の魅力です。

★★★ Excellent!!!

この著者は頭のネジがブッ飛んでしまっているようです。
(良い意味か悪い意味かはあえて言及しません)
ただ、上段回し蹴りを放つ「森泉澄子」が見せた下着の色が
「薄紫」であるところに著者の持つこの作品への強い思いが伝わりました。
今後を期待しています!!