僕の周りの変人達の狂想曲への憂い

作者 川津 中

おまけ。山高帽でのご訪問」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 大宰治に時計仕掛けのオレンジと島田雅彦と筒井康隆をハイボールにぶっこんだような素敵文学。カクヨムでお会いした「なんでデビューしないんだよお!」って畳をザリザリかきむしりたくなる方がひとり、増えました。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    ごった煮の悪ノリで書いていたものなのでいい表現をしていただいたと思います!

    デビューできたらいいのですが残念ながらまだまだレベルが不足しているので頑張らせていただきます!

    2018年9月7日 08:54