何もない夏

作者 梔子

何もないと思っていた夏なのに……。

  • ★★★ Excellent!!!

 無彩色の受験生の夏。
 アクシデントによる現実の闇。
 そして最後に色鮮やかな世界。
 この色の移り変わりが素晴らしい!
 読んでいるこちらも無彩色鬱々した気分から、暗闇の不安を経て、明るい未来を予感させる華やかな気分になっていきます。
 
 ここからどう展開していくのか……。想像の余地のあるラストも良かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠秋生さんの他のおすすめレビュー 637