何もない夏

作者 梔子

受験生だって、夏の思い出があってもいい。

  • ★★★ Excellent!!!

「何もない夏」のはずの、受験生の夏。それは同時に中学生としての最後の夏でもある。

主人公は、そんな夏に思い出をつくろうと、友人の誘いにのって花火大会に行こうとします。
けれども、忘れ物や焦る気持ち、そんな小さな欠片が作用して、彼女は予想外の思い出をつくることになってしまいます。

それはきっと夏期講習中の受験生という立場だったから得られた思い出。
思い出がきっかけとなって受験とはまた別の実を結ぶかもしれない。
そんな期待を抱かせる、淡く瑞々しい恋のきっかけを描いた一編です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 552