第182話「それカビ違う!」

「うわあああああっ!?」


「あなたったら突然叫び声を上げてどうしたんですか? 家が震えてますよ?」


「ない、ないんだ! いつの間にか無くなってるんだよ!」


「無くなった…? あぁ、最近私が大掃除をしたばかりですから何処かに片付けたのかもしれませんね」


「な、なんだ、何処かに片付けただけか…それを聞いて安心したよ」


「ところで何を探してたんですか? 何をどこにやったかは覚えてますから持ってきますよ?」


「プロテインなんだが、秘伝のプロテインでな。これくらいの壺に入ってるんだ」


「へぇ、それくらいの壺なら今朝捨てた壺と同じサイズですね」


「…ナンダッテ?」


「中にカビが詰まってたので捨てておきました!」


「それカビ違う!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!