第172話「オオカミがあの場で目覚めてたとか初耳なんですけど」

「け、けしからん! けしからないわよ、太郎!」


「…そんなに興奮してどうしたんですか、ユノ。鼻血が出てますよ、ほらテッシュ」


「あ、ありがとね…じゃなくて! す、すごいことを発見しちゃったのよ、私!」


「はぁ、すごいことですか? ユノのすごいことって嫌な予感しかしないんですけど」


「あの三匹の子豚ってあるじゃない? それに出てくるオオカミなんだけど」


「本来は獲物のブタに上手くやられて熱湯に落ちるオオカミがどうかしたんですか」


「それよ。それって自分がSだと思ってたのに実は…みたいなMに目覚めちゃう状況にそっくりだと思わないかしら!?」 


「…え、オオカミがあの場で目覚めてたとか初耳なんですけど」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!