第171話「それを言うならウチデノコヅチですよ」

「ーーそこで一寸法師はオーガの腹の中を刀で斬りつけました」


「太郎、一つ聞きたいんだが」


「どうしました、父さん」


「なんで一寸法師は刀で斬りつけるだけなんだ?」


「刀以外にオーガを殺す方法がないからではないですかね」


「いやいや、そんな馬鹿なことがあるわけないだろ? オーガぐらいなら一発殴るだけで弾け飛ぶじゃないか」


「すいませんが、彼は一寸法師であって父さんじゃないんですよ」


「そうか。じゃああれだな、内田と小西にムキムキにしてもらえばいいんじゃないかな!」


「それを言うならウチデノコヅチですよ。誰ですか内田と小西って」


「内田と小西は俺の筋トレ仲間だ!」


「本当に一寸法師がムキムキになりそうですね、それ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!