第165話「敵タイツってなんですか」

「太郎、聞いたぞ!」


「そんなに興奮して何を聞いたというんですか、ハルカさん」


「とにかく妾は太郎の姉上からあの話を聞いたのじゃよ!」


「あの話?」


「なんじゃったか…てきあいつ、みたいな。雨を降らせるあやつじゃ!」


「敵あいつ…? あぁ、低気圧のことですか。それがどうかしたんですか?」


「聞いた話によるとその…てきたいつは相手の古傷を疼かせ、雷雨を呼び出すという恐ろしい存在ではないか!」


「だから低気圧ですってば。敵タイツってなんですか、週一で起こる殺人事件の犯人ですか」


「ふむ、そのて、て…そいつは妖精らしいから使役したいと思ったのじゃ!」


「まぁ名前覚えない人に使役してほしいとは思わないでしょうね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!