第164話「やはり夏は最高だな」

「うむ、燦々と照りつける日差し…やはり夏は最高だな!」


「…父さん、さすがに焼け過ぎじゃないですか?」


「そうか? でも焼いた方が筋肉がよりくっきりと美しく見えるから、俺はどんどん焼くぞ!」


「いやでもさすがに香ばしい匂いがしてきているのでやめた方がいいというか…」


「よし、太郎の作った魔道具も使って焼くか!」


「えっ、父さん、それはまさかーー」


「そうだ、太郎の作った『焼けるんです』だ!」


「いやそれ料理用の魔道具ですからね? 日サロみたいな使い方をするものじゃないですからね?」


「ぐっ…熱い…が、これぐらいなら耐えられる!」


「肉体を虐めてそんなに黒くなってまで何を目指しているんですか…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!