第157話「山田家は皆揃って夏バテでしょうか…」

「うううう…」


「なんですか、姉さん。そんなゾンビみたいな声出して…」


「なんだか体がだるくてな…」


「奇遇ですね、僕も夏バテ気味なんですよね…」


「お兄ちゃぁあん…」


「ミネルバも夏バテかな?」


「そうかも…」


「うぬぬぬぬ…」


「父さんも筋肉がいつもより一割ぐらいしょぼいですね」


「あぁ、食欲が湧かないんだ」


「山田家は皆揃って夏バテでしょうか…」


「あら、皆どうしたの?」


「…母さんはピンピンしてますね。母さん以外は皆夏バテなんですよ」


「それは大変ね、私が精進料理を作らないと!」


「いや、それは止めてもらえませんかね? むしろこの状況を作り出した人には、これ以上悪化させないで欲しいんですけど?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!