第145話「問題児は血筋なのか?」

「おいお前ら、大丈夫か!?」


「あれ、どうしたんですか先生」


「どうしたってこっちの台詞だよ!」


「え………?」


「ダンジョンキャンプは一つ目のセーフティゾーンで一泊して帰ってくるのが目的だぞ? 誰がダンジョンを攻略しろと言ったんだ」


「え、でもソウタが3日間だと言っていたので…」


「最終日は帰ってこない奴等の捜索日だ、バカ野郎!」


「なん、ですと…」


「最終日を捜索日に使うなんて…たしか3年ぶりか?」


「さ、3年前ってまさか」


「そのまさかだ。前回はお前の姉だよ。全く…問題児は血筋なのか?」


「そんな、姉さんは問題児でも僕は至って普通ですよ!」


「「「どこがだ」よ」じゃ」


「コヒュー…ヨ、ヨウジョ…ガハ………」


「あっ…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!