第133話「雨降らないといいですね」

「なるほど、危うくダンジョンキャンプと遠足を間違えるところでしたよ」


「いや、どうやったら間違えるんだよ」


「ところでさっきのはなんなのかしら。おやつが銅貨三枚までとかバナナがおやつに入るかどうかとか」


「いやー遠足といったらおやつを持っていくのが鉄則ですからね」


「そんな鉄則初めて聞いたんだが…」


「ふむ、妾は知っておるぞ。遠足とおやつと言えば、それはーー」


「どっちにしろ急いで準備しないとですね」


「無視は酷くないかの!?」


「雨降らないといいですね」


「ふ、ふっ…任せておけ太郎よ。妾の力でーー」


「ダンジョンの中は天候関係ないでしょう?」


「そんなの知ってたに決まってるじゃないですか。ハルカさんはアホなんですか?」


「酷すぎやしないかの!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!