第116話「私なんかまだ麻縄とロウソクしかやったことないのに…」

「私ってドMでキャラが立ってるようなものじゃない?」


「たしかにそうですけどそれがどうしたんですか、ユノ」


「ソウタには変態っぷりで負けてるし、ドMのわりにはハルカの方がそれっぽい気がするの」


「一言もの申すなら、ソウタはもはや犯罪臭がするので比べないであげてください」


「それは置いておくとしてハルカもなかなかよ?」


「まぁハルカさんの方が個人的には弄り甲斐がありますし、なんというかリアクションがいいんですよ」


「それを抜きにしてもあの子の方が私より壺を被ったり、包帯やら鎖やらを腕に巻いたりしてるじゃない?」


「それはただの中二病では?」


「私なんかまだ麻縄とロウソクしかやったことないのに…」


「それで『しか』って言わないでくださいよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!