第114話「立派なキャンプ場だろう?」

「キャンプ場だー!」


「父さん、1つ質問なんですが」


「ん? どうした、言ってみろ」


「僕はてっきりキャンプ場に来ると思ってたんですけど」


「だからキャンプ場に来たじゃないか」


「なるほど、父さんの中では山に入った時点でそこがキャンプ場になるんですね。ミリ単位でも父さんに期待してしまった僕がバカでしたよ」


「仕方ないな、俺がキャンプ場を作ってやるから太郎はその間に燃料になりそうな枯れ枝を拾ってきてくれ」


「はぁ…分かりました、行ってきますね」


 ーー


「ただいま帰りましたー…え?」


「どうだ、立派なキャンプ場だろう?」


「なんで家より立派なペンションを作ってるんですか」


「なんてったって魔道具職人だからな!」


「いや、凄腕大工の間違いでしょう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!