第104話「シャケがドラゴンに勝った…?」

「なんだか今日は騒がしいですね」


「ど、どうしてそんなに落ち着いておるのじゃ!?」


「お祭りかと思ったんですけど違うんですか?」


「さっき郊外でドラゴンが出たそうじゃ! 危険じゃから皆避難しておるぞ!?」


「なんだ、ドラゴンですか」


「ギャオォォン…!」


「ハルカさんは戦わないんですか?」


「くっ、右腕の古傷が疼いて…」


「ハルカさんの右腕、無傷のすべすべじゃないですか」


「うぐっ…こ、こっちに飛んできよるぞ!」


「仕方ないですね。テッテテー、シャケコプター」


「シャケなんてどこから取り出したのじゃ!?」


「投げると高速回転して、対象を貫きます」


「ギャオン!?」


「シャケがドラゴンに勝った…?」


「シャケじゃなくシャケ型魔道具です」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!