第100話「それは企業秘密ですよ」

「太郎は本当に便利なものを作るわねぇ」


「僕の魔道具はいわば生活必需品を目指していますから」


「家事が楽になったわ。でもどうしてそんなに思いつくのかしら?」


「それは企業秘密ですよ」


「家族なのに残念ね。あ、でも1つだけ難点があるのよ」


「ほう? 改善のために是非とも教えてほしいですね」


「太郎の魔道具に限らないのだけれどもいいかしら?」


「あぁ、そんなこと気にしなくてもいいですよ」


「それなら言うけど、魔道具って壊れやすすぎると思うの」


「そうですかね? 僕のは丈夫な方だと思いますけど」


「そうかしら? この前、自動掃除機のルンパでフリスビーしてたら動かなくなったわよ?」


「あれはフリスビーとして使うものじゃないですから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!