第82話「玉入れの練習をしよう」

「太郎、玉入れの練習をしよう」


「…あの、姉さん。玉入れは家で練習するものじゃない気が」


「太郎ならいけるだろ?」


「いけ…ますけど。昔、そういう魔道具作りましたし」


「よし、それじゃあやるか」


 ーー


「テッテテー、実家でも玉入れマシーン」


「これ、低くないか?」


「安心してください、勝手に高さを調節してくれる機能付きです」


「なるほど。それとなんで2つ?」


「姉さんと勝負しようと思いまして」


「お、いいぞー」


 ふっ、かかったな!

 僕の方はずっと低いけど、姉さんの方は最大まで高くなるのだ。


「それじゃあ、始め!」


「よし、いきまーー」


 バキッ!


「すまん、太郎。玉入れたら壊れた」


「ま、まさか玉入れでダンクするとは…!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!