第80話「これは、石…ですね」

「父さん、瞬間移動って知ってますか?」


「おいおい、太郎。鍛えてるからそれぐらいは知ってるぞ?」


「鍛えてるから知ってるってのは意味が分からないんですが」


「…ん?」


「…それでどれぐらいの距離まで行けるんですか?」


「やったことないけど多分、どこまでも行けるぞ?」


「正気ですか?」


「鍛えてるからな」


「それを言えばいいと思ってますよね?」


「いや、そんなことはない」


「それならどこまで行けるかやってみてくださいよ」


「それじゃあ行くぞ…フッ! …ただいま」


「一瞬消えましたけど、どこまで行ったんですか?」


「ほら、お土産だ」


「これは、石…ですね」


「ちょっと月まで行ってきた」


「まさか大気圏を越えるとは思いませんでした」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!