第78話「おっぱいに見える」

「おい太郎、遊びに行こうぜ」


「ソウタ、どこに何をしに行く気なんでしょうか」


「それは着いてからお楽しみということで」


「…小学校じゃないですよね?」


「今日は違うから安心しろって」


 ーー


「よし、着いたぞ」


「こんな場所ありましたっけ?」


「ロッククライミングっていうらしい。最近できたみたいで、この壁を登るんだと」


 ごめん、それ知ってる。

 前世でやったこともあるよ。


「へぇ、楽しそうですね。やってみましょうか」


「じゃあ太郎からいいぞーーって上手いな!」


「楽しいですよ。ほら、ソウタもどうぞ」


「…太郎、掴むところがおっぱいに見える」


「あっそうですか」


「ま、趣味じゃないけどな!」


「聞いてないし、どうでもいいです」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!