第61話「僕も友達が少ない」

「今日はパーティを作るぞー」


 先生が僕たちに向かってそう言った。


「ソウタ、何かめでたいことでもあったんですか」


「ちげーよ、パーティってそっちじゃなくて冒険パーティな」


「あぁ、そっちですか」


「一応、太郎も冒険科でしょうに」


「好きで入った訳じゃないんですけどね。そうだ、ユノとソウタとパーティを組みましょう」


 これで今日すべきことは終わり。

 ぼーっとだらだらできる。


「俺もその気だからいいぞ」


「私もそれでいいわ。でもあと1人は?」


「…え? 3人じゃだめなんですか?」


「パーティは4人よ」


「なん、ですって。2人とも当ては?」


「ねーよ」「ないわ」


「奇遇ですね、僕も友達が少ないんで当てはないですよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!