第47話「俺はまたひとつ強くなってしまったらしい」

「太郎、聞いてくれ」


「どうしたんですか、父さん」


「俺はまたひとつ強くなってしまったらしい」


「はぁ、またひとつ人間離れしてしまったんですね、父さんは」


 まぁ姉さんには劣るんだけど。

 筋肉の限界を知らないという点では父さんの方が人間離れしてるかな。

 姉さんはどこに筋肉が詰まってるのか分からないぐらい細いから。


「で、何がどうなって強くなってしまったんですか」


「あぁ、鍛え続けたお陰か、俺は『気』を発することができるようになったらしくてな」


「『気』ですか。見せてください」


「いいぞ…フンッ!」


「なんだか部屋が暑くなってきた気が…って父さん、それは『気』じゃなくて水蒸気って言うんですよ」


「似たようなもんだろ?」


「違いますよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!