第43話「あ、あれはゴブリンじゃない!?」

「お前ら、ゴブリンの特徴は小柄な緑色の鬼で汚いということだ。弱いが油断するなよ」


「「「はい!」」」


「ソウタ、皆がバラバラに散らばってるんですけど」


「今からはある程度のグループに別れて狩るからな。太郎、ユノ、一緒にいこうぜ」


「そうしましょ。太郎がいたら安心だしね」


 何この信頼。


「僕なんて普通ですから過信しないでくださいよ?」


「「はいはいそーですね」」


「なんで無駄に息が合ってるんですか」


 ーー


「ふぅ、大分歩いたな。そろそろゴブリンがいるんじゃないか?」


「あ、あれはゴブリンじゃない!?」


「何!? 太郎、戦闘準備だ!」


「…いや、あれはちっさいおっさんですね」


「「緑色なのに!?」」


「ヘドロにでも突っ込んだのでは?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!