第36話「太郎の部屋でいいんじゃ?」

「太郎、桜を見に行くぞ」


「姉さん、僕は外に出ると死んでしまう病なので遠慮しようかなと」


「リナも一緒なんだが、仕方ないな」


「え、リナさんも来るんですか?」


「いやぁ病気なら休んでおいた方がいいと思うぞ?」


「…あ、治ったかも。や、やばいです、外に出ないと死んでしまう病にかかってしまったかもしれません」


「じゃあ行くか」


 ーー


「あら太郎くん、来てくれたのね!」


「はい来ました、よ? …何故に僕があげた魔道具のガトリングがあるんですか?」


「ちょっと試し撃ちをしたいなぁって思ったの」


「ちょっとリナさん、桜の木がなくなっちゃいますから別の場所にしましょう」


「太郎の部屋でいいんじゃ?」


「姉さん、僕を殺す気ですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!