第35話「ギルドマスターさんにスカウトされちゃって」

「母さんって冒険者だったんですよね?」


「そうよ。これでも一応S級だったんだから」


「うーん、そう聞くとすごそうなんですよね」


「すごそう、じゃなくて本当にすごかったのよ?」


「いやぁ、母さんを見てると冒険者だったということが信じられなくて」


「最初は冒険者になる気は全くなかったんだけど、知り合ったこの街のギルドマスターさんにスカウトされちゃって」


「ギルドマスターにスカウトされるって何をしたんですか…」


「大したことしてないのよ? 彼が私の料理を食べたいって言うから」


「ま、まさか」


「張り切って新しい料理に挑戦してみたのに、彼ったら大袈裟よねぇ」


「全然大袈裟じゃないですし、本当に毒殺だったとは思いませんでした」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!