第19話「ご愛読ありがとうございました」

「さて、今日はどうしたんですか、リナさん」


「さっきまであんなにキモかったのに、切り替えが早いな」


 姉さんがなんか言ってるけど無視。

 ダレノコトカナー。

 ボクニハサッパリワカラナイナー。


「じ、実は…好きになっちゃったの!」


「なん、ですと」


 本日をもって『山田さん(以下略)』は終了しました。

 短い期間でしたが、ご愛読ありがとうございました。


「話をちゃんと聞け」


「痛っ!な、なんで殴るんですか、姉さん」


「え?話聞いてなさそうだったから」


「聞いてましたよ、しっかりと。リナさんがその…(僕のことを)好きになったんですよね?」


「まぁそうだけど。制作者だし、やっぱり嬉しいのか?」


「制作者?」


「私、太郎くんの魔道具が好きになったの!」


「へ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!