第16話 「別に何も無いわ」

 緑の黒髪に陶磁器のような白くなめらかな肌。誰もが彼女を見た時、日本人形がそのまま人になったかのような錯覚に囚われる。


 カスガ・ミナモト。


 銀河協同体創設者にして初代議長であるリョウマ・ミナモトを祖先に持つ。ミナモト家は人類協同体時代、そして汎銀河系帝国成立の際にも陰に日向に様々な貢献をしてきた功績で公爵位を与えられ現在に至っている。


「会長、なんですか。それは?」


 帝国学園ヴィクトリー校全校生徒学生自治会会長を勤めるカスガは、先程からデスク一体型のディスプレイに表示されている生徒のプロフィールに見入ったままだ。副会長のキース・ハリントンが疑問に思うのも無理からぬ話だろう。


「ん~~、ちょっと気になる子がいてね」


 どことなく物憂げな調子で答えるカスガだが、それ以上は説明しようとはしない。キースはその横に立ったままで手持ちぶさたである。ディスプレイに映るのは三人の生徒。


 二人は高等部、一人は中等部で全員新入生のようだ。中等部の新入生はノーブルコースに入る為、自治会会長権限でも閲覧制限が掛けられており、詳しいプロフィールは分からない。カスガが見ているのは高等部に入学する男子生徒だ。


「ああ、その男子生徒ですか。色々な噂がありますね。カスガ」


 キースの後から褐色の肌をした長身の女子生徒が覗き込む。アーシュラ・フロマン。高等部士官候補生コースに学ぶ彼女もまた自治会の役員だ。


「あら、アーシュラさんが男子に興味を持つなんて珍しいですね」


 胸元に事務処理用のタブレット端末を抱えた、小柄で童顔の女子生徒がそうからかった。


 アマンダ・ブレア。自治会役員で庶務係を勤めている。


 キース、アーシュラ、アマンダの三人はカスガと共にそのディスプレイを覗き込んでいた。それほど広くない自治会役員室には、もう一人、会計を勤めるグレタ・ピアースがいるのだが、ひっつめ髪でいささかだらしない格好がトレードマークのこの女子生徒は、数字にしか興味が無いようで、常に計算用の端末から顔を上げない。


「確かに興味はあるのだが、このミロ・シュライデン個人に対してではない。彼の経歴に関する噂が色々と流れてるのだ」


「噂……?」


 ディスプレイを覗き込むアマンダの横で、自治会室唯一の男性であるキースがその噂を思い出した。


「ああ、あの件か。例のナーブ辺境空域で偽辺境伯を打ち倒したという『ミロ』。個人名か一族、組織名かは分からんが、そのミロと同じ名前なので関係者じゃないかと言われているんだったか?」


「それもあるわねえ」


 カスガは相変わらずの調子でそう言いながら髪をかき上げた。


「他にもミロが皇子ではないかという噂も流れている。シュライデン家は側室を出していたのだが、皇子が生まれたという噂がある。年齢もちょうどこの男子生徒と年齢が合う」


「所詮は噂だろう。アーシュラ」


 そう言うキースはどこか苛立たしげだ。さっそくそんなキースをアマンダがからかった。


「副会長、焦ってるんじゃ無いですか? 皇子さまじゃなくても、結構なご身分の貴族が入ってくると次期会長の座が危うくなるし!!」


「べ、別に僕はそんな事など……!」


 キースは反論するが、少なからず動揺しているのは確かだ。自治会長は貴族出身の学生、生徒から全校投票で選ばれることになっているのだが、事実上は一部の身分が高い貴族出身者の間で持ち回りにされてるのだ。今はミナモト公爵家長女のカスガ。順当にいけば次がハリントン侯爵家長男のキースになるはずなのだ。


 皇位継承者は成人するまで個人情報を明かさない決まりになってる。しかし皇子だという噂が流れるだけでも影響はある。仮にミロが会長選挙に立候補して票が集中すれば、単なる形式に過ぎないはずの選挙で敗れてしまう可能性がある。そうなれば会長の座を失うばかりか、ハリントン侯爵家としてもおおいに面目を失う事になってしまう。


 いずれミロも自治会長になるかも知れないが、それは先に入学した自分の後でなけ

ればならない。それがキースの立場なのである。


「皇子かどうかはともかくとしてぇ。結構、面白そうな子じゃない。彼……、ミロくんか」


 カスガのその言葉にアーシュラはむっとして言った。


「シュライデンは現皇帝陛下の即位に対して、日和見な態度をとった連中では無いですか。その血を引いているこの男も、どうせ優柔不断で地位を笠に着た大馬鹿者に違い有りませんよ、カスガ。私が化けの皮を引っぺがしてやります」


「アーシュラさん、やる気満々ですねえ」


 アマンダが苦笑するが、言われたカスガの方は余り関心が無いようだ。


「まあ、お手柔らかにね。折角『ポテト』と『ローカスト』の抗争が落ち着いてきてるんだから……」


 そう言うとカスガはふらりと窓際に歩み寄る。自治会事務棟の窓から見えるのは、他の建物と学園が入った宇宙船の透明なドーム。


「なぁんにもないのよねぇ。なぁんにも変わらない。きっとまたそう……」


 妙な調子を付けて、カスガは歌うようにそうつぶやいた。


「なにか言いましたか、カスガ?」


「別に……」


 アーシュラが問いかけてもカスガは背を向けたまま。


「別に何も無いわ」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!