【毎日更新!】我が偽りの名の下に集え、星々

作者 ファミ通文庫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話 「このミロ皇子が許可する」へのコメント

    『ヤマモト・ヨーコ』から先生の作品を読んでいます。始まったばかりで物語がどのように展開していくかまだまだわかりませんが、新しい作品がスタートした事おめでとうございます。

  • すべてのエピソード 1
  • 第1話 「このミロ皇子が許可する」 1
  • 第2話 ミロ・ベンディット 帝国第13皇子
  • 第3話 「貴様、私をからかっているのか!?」
  • 第4話 「司令じゃねえ。首領と呼べ」
  • 第5話 「我に道を開けよ!!」
  • 第6話 「皇子には皇子の物言いがあるのだ」
  • 第7話 「これでよろしいか?」
  • 第8話 「もしもはない」
  • 第9話 「まったく、良い拾いものをしたものだ」
  • 第10話 「死ぬな、ミロ!!」
  • 第11話 「ミロ皇子万歳!」
  • 第12話 「結構です!」
  • 第13話 「一人で、歩かせて下さい」
  • 第14話 「まさに帝国の縮図だ」
  • 第15話 「お前から感謝されたのはこれが初めてだぞ」
  • 第16話 「別に何も無いわ」
  • 第17話 「子供の頃から、目立ちがり屋でね」
  • 第18話 「はみ出し者同士、仲良くやろうじゃないか」
  • 第19話 「あいつは助平だ」
  • 第20話 「私のお友達になって下さい」
  • 第21話 「まぁ、そんなのはどうでもいいけどな」
  • 第22話 「俺はこう見えても、結構、要領がいいですから」
  • 第23話 「ミロは敵を作るのが得意なんだ」
  • 第24話 「私が失望したのは、あなたよ」
  • 第25話 「臨時で特別か」
  • 第26話 「何度も言わせるな。嫁では無い!」
  • 第27話 「お前たちのボスに話がある」
  • 第28話 「殺したい程、憎いのだな?」
  • 第29話 「よろしい。では戦え」
  • 第30話 「皇帝陛下は争いを、戦いをお望みだ」
  • 第31話 「……ぬかったわ」
  • 第32話 「なんだ、これは!?」