シスター・マリエッタの事件簿

作者 谷川流慕

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

人の心を読む。ミステリでは、反則級の能力ですよね。
この人が出てきたら、物語が終わってしまいそうです。
普通は敵キャラ、のはずですが。

しかし、マリエッタさんの「魂の呻き声を聞く能力」は、ちょっと特別な能力です。
人の心がなんでも見えるわけではない。
ですが、マリエッタさんは、努力でこの能力を補うんです。

そうすれば、最強の能力になる……はずですが。
それでも、ストーリーは大人しくおさまってはくれません。
最強の能力をもってしても、二転三転する事件。
強烈にストーリーを引っ張る、作者様の力量に感服する他ありません。

しかし、最後にはマリエッタさんが事件を圧倒する。
最強の能力をたぶらかす事件を、最後にうち負かす最強の能力保持者。
こんな作品、ほかにありますか?

あと、ちょくちょく出てくる、マリエッタさんの意外な一面などにも萌えられるのがいいですね(笑)

すっごく名作なので、ぜひミステリ好きのみなさんに読んでもらいたい。
そんな作品です。