トイレのそばで -2DAY-

 昨日から代々木公園で始まった「うまいそば日本一決定戦」もいよいよ今日が最終日だ。

 最高気温は昨日より1℃上がる予報で、より暑い戦いになりそうだ。

 僕たち「高尾山とろろそば」スタッフは、今日もお揃いの店舗Tシャツを着て午前中から大忙しだった。最終日とあって昨日より来場客が多い。

「冷や四! 天とろ二!」

「はいよっ」

 威勢の良い掛け声とともにそばが茹であがる。テント内はまるでサウナ状態だ。



――私とろろ大好きなんです。今日の夜、行ってみようと思いますね

 

 僕が一目惚れしてしまった「信州戸隠そば」の受付の女の子は、結局昨日、お店には来なかった。

 やっぱりただの社交辞令だったのか。

 僕は遠くの「信州戸隠そば」のブースを見た。優勝候補だけあって人だかりが出来ていた。彼女の姿は見えない。

 今日は来ているのかな……。


「ネギはやく!」

「あ。すみません」

 薬味のネギを切る手が止まってしまっていた。


 会場には賑やかな音楽と軽快な司会者の声が聞こえる。

 2日目はステージでのイベントも満載なのだ。今は日本三大そばである「盛岡わんこそば」の大食い大会が行われている。


「すみません、ちょっとトイレに……」

 彼女のことが気になって、まともに仕事が出来なかった。せめて今日も来ているかだけでも確かめたかった。

 僕はトイレに向かう道すがら、「信州戸隠そば」のブースの前を通った。

 彼女は今日もいた。変わらず笑顔で接客していた。

 店名の書かれたはちまきをして、結った髪がふわりと揺れる。手を上げてスタッフにオーダーを通し、客に向かって笑顔で挨拶する。

 もう少し近くに行きたかったし、声も掛けたかったが、忙しそうだったのでやめた。

 第一、注文もしない他店のスタッフTシャツを着た男が突然声を掛けたら、彼女にも店側にも迷惑だろう。


 トイレに行くと、今日は男性用も並んでいた。僕は最後尾に並ぶ。

 昨日はここで彼女と話したんだと思い出す。この大会も今日まで。大会が終わると、彼女はきっと長野に、僕も八王子に戻ってしまう。

 もう一度だけでも話したいな、と思う。


「オレは、高尾山かな? お前は?」

 「高尾山」と聞いて、思わず声のする方を見た。トイレ待ちの中年男性2人が話をしている。

「高尾山? あそこはダメだな。あれなら坦々蕎麦の方が断然うまい」

「なんでダメなんだ?」

 僕の思った疑問をもう1人の男が質問した。

「とろろそばのくせに、うずらの卵がのってねぇんだよ」

「経費けちったのか?」

 僕は恥ずかしくなってスタッフTシャツの店名ロゴが見えないように手で隠した。

「いや。夏場だから生卵は控えたんだろう。食中毒騒ぎが起こったら面倒だしな」

「お前詳しいな」

「ああ。あそこのそばは、うずらの卵ととろろを混ぜると最高にうまいんだ。しかも冬。寒い中、熱々のそばに絡まるととろを想像してみ。マジでうまいから。オレ、よく登ったんだよな、高尾山。その度にあそこのそば食ったんだよ」

「なるほどな。よく知っているからこそのこだわりか」

「ああ。そんなわけでここでの味はイマイチだったってわけ」

 彼らの話に嬉しさと悲しさが同時に湧いてきた。まさかトイレ待ちでこんな話が聞けるとは思わなかった。

 彼の望む「最高のそば」はここでは提供できないが、「おいしいそば」を待っている人のために、できる限り力を出して行こうと思った。


 昼時は大盛況だった。そばを茹でる大釜がふたつでは足りないぐらい客が並んでいた。忙しさのあまり、仕事が雑にならないように気を配りながら、何とか昼のピークを乗り切った。

 先輩スタッフから遅めの昼休憩に入っていき、僕が昼には入れたのは16時過ぎだった。


 僕は「信州戸隠そば」へ向かった。相変わらず客が並んでいたが、すぐに僕の番になった。

 彼女の前に立つ。

「どうも」

「いらっしゃいませ」

 ぺこりと彼女が笑顔で挨拶をする。

「これ、ひとつ」

「かしこまりました」

 事務的な会話が続く。

 彼女が注文を厨房に伝えた。すると奥から「ゆで5分!」と聞こえた。

 彼女から笑顔が消え、申し訳なさそうに眉が下がった。

「申し訳ございません。ただいま、そばを茹でていますので、少々お待ちください」

 僕はむしろありがたかった。彼女と話せる時間が与えられたのだ。

 しかし……。

「忙しそうですね」

「ええ、まあ」


 ……。時間があるのに、注文すること以外の会話がうまく出来なかった。

 何を話したら良いのだろうかと迷っていると、彼女の方から話をしてきた。

「あの。実は私……」

「はい」

「さっき食べに行ったんですよ、ととろ」

 彼女はそう言うと、「高尾山ととろそば」と書かれた投票券をポケットから取り出して見せた。

「美味しかったです、とろろ」

「そうだったんだ。気がつかなかった」

「忙しそうにしていたから、声は掛けませんでした」

「あの、実は僕……」

「あがりー!」

 奥から声が聞こえた。彼女は声を出した男性スタッフと仲良く話をしている。

 男性スタッフが彼女の肩をトントンと叩く仕草が見えた。彼女も笑っている。

 彼女が注文したそばを持ってこちらにやってくる。

「たいへんお待たせ致しました。信州戸隠……」

「連絡先。あなたの連絡先、教えてくれませんか」

「えっ」

 僕は気づいたらそう言っていた。このそばをもらったらもう会えないと思ったのと、たぶん男性スタッフとのやり取りに嫉妬したのだと思う。

「すみません……。そういうのはちょっと……」

「そうですよね、ごめんなさい」

 そして見事に玉砕した。ありがとうございます、と最後に挨拶しそばを受け取った。

 僕は公園の隅で信州戸隠そばを啜った。薬味の辛味大根の刺激が、とてもつらかった。



 「うまいそば日本一決定戦」の大会結果は、やはり「信州戸隠そば」が優勝。僕たち「高尾山ととろそば」はトップ3には入れなかった。

 ステージでは代表者がスピーチをしていた。



 撤去作業を行っている最中に声を掛けられた。

「あの……」

 彼女だった。頭のはちまきはもうない。

「ちょっと、いいですか」

「あ、はい」

 僕たちは、少し離れたところに行く。


「優勝、おめでとうございます」

「ありがとうございます」

「美味しかったですもんね」

「とろろも、美味しかったですよ」

「ありがとうございます」

 そこまで言って、会話が途切れた。暗くて表情ははっきり見えない。 


「忙しくて、投票できなかったんです。これ、返します」

 彼女はポケットから「高尾山とろろそば」の投票券を取り出し、僕に差し出した。

 正直、驚いた。わざわざ投票券を返しに来たのかと。


「じゃあ、また。待ってますね」

 僕が唖然としていると、彼女はスタスタと駆けていった。

「え、ちょ……」

 待ってます?

 投票券の裏を見ると手書きのメモが書かれていた。「また、食べに行きたいです」というコメントともに彼女の名前と連絡先が。



 こうして僕たちの暑く、熱い戦いは幕を降ろし、代わりに僕と彼女の遠距離恋愛の幕が上がったのだ。

 今は遠いが、いつか彼女のそばに行きたい。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます