七つの孤島と二つの神殿

作者 安楽

フォロー 1話目から読む

神は強くなるために自分の子供に己の罪を背負わせた 安楽

ある1人の偉大なる神がいた。その神は周りの神より優秀で強くなりたくて、人間そっくりの人形を作り、己の七つの罪を七人の人形に一ずつ与えたのです。そしてその神は七人をバラバラの場所に閉じ込め、それから数百年。神は世界に飽きたらしく世界を壊そうと考えてた。人々は七人の人形に助けを求めた。
七つの罪を背負わされた七人の大罪人が今、世界を救うために立ち上がった。
世界の運命は、そして彼らは罪を消せるのか。

目次

連載中 全1話

更新

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

七つの孤島と二つの神殿

@annraku
執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り
タグ
七つの大罪 九つの大罪 ファンタジー 異世界
総文字数
2,577文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
1

アクセス数