黄緑色のパララックス

作者 まっさ・おにおん

フォロー 1話目から読む

僕は彼女の特別なカメラだ。心を持っている、だけでもない。 まっさ・おにおん

盲目の少女に元にやってきた「特別なカメラ」。シャッターを切った瞬間だけ、彼女はその写真を「見る」ことができる。ある日、その秘密を唯一シェアしている盲学校のクラスメートの少年からある物を撮りたい、とお願い事をされるのだが…。そして奇跡を授かってなお少女が決して撮らなかった写真とは何だったのだろう。

これはとても短い小説です。重い描写もありません。気楽にお読み下さい。

目次

完結済 全1話

更新

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

黄緑色のパララックス

@massa_onion
執筆状況
完結済
エピソード
1話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ファンタジー
タグ
短編 カメラ 盲目 万人向け
総文字数
9,251文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
0

アクセス数

作者

まっさ・おにおん @massa_onion

いつか自分の本を1冊でも出すのが夢です。 ささやかながら、ブログも不定期更新中・・・ 「オムニヴォア」 …もっと見る