ボクの素敵で可憐な機動鉄心彼女《フルメタルハートガール》

作者 三ツ葉亮佑

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

理系の大学に進学した主人公は華のない生活に刺激を求めるべく出会い系サイトを利用したところ、いい感じの女性と仲良くなる。
しかし サクラの名を持つ彼女は、仕込みでもなければ騙しでもない。
だけども人間でもなくてーー

アンドロイドとの恋模様を描いた当作品ですが、徐々に彼女と交流を深め親愛を高めていく様子に、悲しい最期を予感しながらハラハラしてページをめくっていました。
文章も綺麗で読みやすく、情景がありありと浮かび上がってきました。
何より、深窓の令嬢から庶民的に変わってくコスモスがかわいかったです。
面白かったです

★★★ Excellent!!!

 将来起こるだろうと予想されるロボット(AI)たちの反乱。
 それに備えるべく、ロボットと人間たちの間に恋愛感情を持たせて、両者の関係性をコントロールすることはできないだろうか。

 そんな実験をバックに繰り広げられる、世間知らずな機械少女と童貞男子のピュアピュア物語。
 もうね、二人のういういしいやり取りに、ラブコメ好きは悶絶必至。

 いやぁコスモスちゃんいいね。
 こんな彼女ロボでいいからほしいね。
 最初のころのおしとやかな感じもいいけれど、主人公と触れ合って、ちょっとずつ人間じみていくところも、なんとも、付き合ってる感があってたまらない。

 ストーリーもいかにも燃えるツボを抑えててすばらしい。
 例によって実験のため、期限が区切られてしまった恋愛。
 いずれ別れることがわかっている、しかも機械の彼女をあいてに、いったいどこまで本気(マジ)にならなくちゃならないのか。
 リアルな恋愛と社会実験を見事に融合させて、実においしく仕上げられています。

 はたして機械の心に恋は芽生えるのか。
 恋はロボットの暴走を抑えられるのか。
 しかし、恋というのはそもそも――というのは本編で。

 機械で体ができてようが、そんなのいいじゃない。
 物理的な愛の重さ以外は!!
 そんな勢いと熱さのあるラブコメディ。
 コンテスト期間中に読むべきだったと、後悔するくらいいい作品です。オススメ。

★★★ Excellent!!!

真っ青になって最後まで読んで、そこでもう限界だった。

「うわあああああああ!!」

この作者、絶対にオレ様に脳内ハッキングしてオレ様がいつか書きたいと思っていた話をそっくり盗作していきやがったに違いない!
こんな素敵な恋物語に仕上げやがって……ちくしょおおおお!

冴えない主人公に自分を重ねることが出来る読者は、是非読んで欲しい
。そして可能性に手を伸ばせば誰にだって幸せを手に入れることが出来るのだという作者の想いに共感して欲しい

だが、オレ様は物書きの一人としてこんな秀作を創りあげた三ツ葉亮佑をそのまま許すわけにはいかない。
いつか夜道で奴を襲い、その脳天に釘バットをお見舞いせねば…(おいやめろ)

★★★ Excellent!!!

彼女いない歴=年齢、というよりも、恋愛未経験歴=年齢。
大学デビューもできず悶々と過ごす誠治は、ついに決断した。
「出会い系サイトで、真剣なお付き合いができる女性を探そう」
そして出会ったのが、深窓の令嬢、美人な「コスモス」だった。

どうやら脈ありなコスモスと実際に会うことを決めた誠治。
その途端、黒服集団に拉致されて謎の研究施設に連行され、
「コスモスは高度な人工知能を搭載したロボットである」
と衝撃の事実を告げられ、研究への協力を要請されてしまう。

恋に不慣れで下心だらけの誠治が、コスモスと触れ合うにつれ、
思慕や葛藤を経て、次第に男気を発揮していく様子が頼もしい。
語り口も展開もテンポがよくて、さくさくと読み進められた。
ロボット系の人情物は、シリアスもコメディもやっぱりかわいい。

恋こそが、AIとロボットを巡る国家プロジェクトの鍵である。
恋するロボット、コスモスは、試験期間を終えれば凍結される。
別れが近付くにつれ、葛藤が増していく誠治の心理描写がリアル。
くすりと笑えて、ほろっときて、最後はまた、くすりと笑えた。

★★★ Excellent!!!

出会いは決して純愛とは呼べないものでした。出会い系で、下心もバッチリあったはずの主人公の心をかっさらったヒロインの純粋すぎる姿がたまらないこの作品。
一話の文字数が少ないので隙間時間に読め、またポップでノリが良く、ストーリーもさくさくとスピードに乗って進んでくれる。さらに文章も伝わりやすい日本語でスムーズに頭のなかに入ってきます。
ヒロインの可愛さは本当にきゅんとします。人間とロボットに本物の恋はできるのか?本物の恋心に発展できるのか?
最後の最後、あの人のウィンクは心憎い演出でした。
さぁ、可憐な彼女に身も心もぜひ振り回されてみてください

★★★ Excellent!!!

ひょんな事から女の子ロボットと付き合う事になってしまった主人公。
彼女、ロボットなんですよね?
言動の一つ一つが反則的なまでに可愛らしく、こんなロボット彼女が居たら、主人公くんで無くとも惚れてしまいそうですね(笑)
専門用語もちらほら出て来ますが、台詞の中に、ごく自然な形で丁寧に解説されているので、俯瞰しているというよりは主観的に見られて非常に入り込み易いです。
ロボットな彼女と、これからどの様な展開が待っているのか……先が楽しみですね。