第49話 魂胆と目的 その5

「……寝るか」


 今一度ベッドに横になり、目をつぶろうとした矢先だった。


 コンコン、とドアをノックする音が聞こえた。


「……誰だ? 今度は」


「あ……私です。リゼです」


 声が聞こえてきたので、起き上がると、俺は扉に向かい、そのまま扉を開けた。


「ああ、よかった……起きてらっしゃったんですね」


 安心した様子でリゼはそう言った。背中には既に眠ってしまっているフランチェスカを背負っている。


「なんだ。フランチェスカの奴、眠ってしまったのか」


「ええ……長旅で疲れたのでしょう」


 そういってリゼはフランチェスカをベッドにそっと寝かせてやった。


「ふふっ。可愛らしい寝顔ですね」


 確かに、リゼの言うとおりフランチェスカの寝顔把無邪気だった。


 しかし、この無邪気なヤツの中にはもう一人胡散臭い感じの奴の魂が入っていると思うとあまり素直に可愛らしいとは言えなかった。


「では、私はこれで」


 リゼはそう言って部屋を出て行こうとした。


「あ、ちょっと待て」


 思わず俺はそう言ってしまってから、それが反射的に出た言葉ということが自分でもわかった。


 リゼは予想外の呼びとめに驚き、ガラス玉の目を丸くして俺を見ている。


「どうしましたか? ロスペル様」


「あ……お前に、聞きたいことがある」


「はい。なんでしょう?」


「その……お前は、俺のこと、恨んでいるだろう?」


「え?」


 リゼは驚いたような表情でそう言った。


 いきなりのことだったからそれはそうだろう。だが、俺としても当たり前の質問をしてしまったと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!