第24話 償い

「姫様!」


 女軍人がすかさず人形に駆け寄る。


「私は大丈夫です。それより……ロスペルさん。分かっていだけましたよね?」


「……ああ。分かった」


 俺は思わず笑ってしまった。それに気付いたのか不思議そうな顔で人形は俺を見る。


「なぜ、笑うのですか?」


「……ああ、すまない。だって、お前はリザじゃないからな。リザは……そんな崇高なことは言わない。リザは普通の女の子だからな。首を絞められたら怒るし、恐怖するだろう。そんな俺にはもう二度と会いたくない……ふふっ。分かってはいたんだがな……お前が……リザじゃないってな」


 力が抜けてしまって、俺はそのまま座り込んでしまった。


 そうだ。分かっていたのだ。


 人形の中身がリザじゃないこと……俺が取り返しのつかないことをしてしまったこと……そして何より……リザが俺に、会いたくないということも。


「……お前、名前、なんだっけ?」


「え? 私、ですか」


 俺は人形に顔を向け、そう尋ねた。人形は意外だったのか目を丸くしていたが、嬉しそうにして俺に微笑みかけた。


「リゼ・フォン・ベルンシュタインです。ロスペル・アッカルドさん」


「……そうか。リゼ、悪かったな。人形なんかにして」


「……いえ。いいのですよ」


 やっぱり、コイツはリザじゃない。リザはこんな風に強くない。弱い女の子だった。そして、その弱い女の子一緒にいた俺自身も、同様に弱い男だったのだが。


 俺は立ち上がると、そのまま村長の家の出口へと向かった。


「お、おい! ロスペル、どこへ行く!」


「あ? ああ、えっと……アンタの方は、名前、なんだっけ?」


「はぁ? なんだ? さっきも言ったのだが……私は、エルナ。エルナ・エクスナーだ」


「そうか……エルナ。お前、どうしたいんだよ?」


「え? ああ、だからだな、私は姫様をどうにかして元に――」


「知らん」


「へ?」


 エルナは意味の分からないという顔をしていたが……俺は今一度はっきりと言うことにした。


「そこの姫様を人間として元に戻したいって言うんだろう? 残念だけどな、俺はその方法は知らない。だから……俺ではリザを人間に戻せないんだよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます