落花製魔法少女

作者 さちはら一紗

秀逸な表現に装飾された緻密な描写が読者の心を掻き立てる

  • ★★★ Excellent!!!

 この作品においておススメすべきはキャラではなく描写にある。少なくとも自分はそう感じた。

 まず、この作品は決して明るい話ではなく、キャラに感情移入もしにくい。自分は最初にそう思った。一人称視点の物語なのに、三人称視点で読んでいるような感じだ。
 だが、半分まで読み終えた自分は、ツバキが、フラウが、まるで自分の一部になったような。或いは自分がツバキやフラウの一部になったような、そんな感覚に襲われてる。
 当初感情移入できないと思ったのが嘘のようだ。

 そして、時折出てくる比喩表現。非常に分かりやすい。分かりやすすぎてびっくりするほどに。緻密で繊細な描写をより生かす、そんな表現だ。

 この作品の良さを伝えるのは非常に難しい。読まなければわからない良さがある。是非一読をすすめる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

悠祈誠那さんの他のおすすめレビュー 4