世迷いペンギンは荒野を歩く

作者 芳川見浪

乾ききった世界を、ウェットなペンギンが癒やして回る

  • ★★★ Excellent!!!

娯楽冒険活劇としてとても良くまとまった作品です。

一般的な冒険小説、ポストアポカリプス小説として見ても大変魅力的な本作ですが、さらに個性的なキャラクター達がその魅力を更に引き立てています。

とくにタイトルにもあるペンギンのスコッチのキャラは破格かつ前例のいないもので、本作の魅力を何倍にも引き上げているといっても過言ではありません。

終始はつらつとした展開が続きますが、そこにはポストアポカリプスらしいシビアな背景もチラホラと見え隠れしており、これから一体どうなっていくのか、楽しみで仕方ありません!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ここのえ九護さんの他のおすすめレビュー 148