赤い糸が偶然を装いました

作者 星空ミウ

フォロー 1話目から読む

先生とお話するだけで私は幸せな気分です 星空ミウ

近所には私の憧れの小説家、田宮草一郎先生がいます。

偶然なのか偶然ではないのかわかりません。






題名、変えました。

目次

完結済 全1話

更新

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

赤い糸が偶然を装いました

@hoshisoramiu
執筆状況
完結済
エピソード
1話
種類
オリジナル小説
ジャンル
恋愛
タグ
近所 小説家 先生 憧れ
総文字数
2,151文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
1人
応援コメント
0件
小説フォロー数
0

アクセス数

作者

星空ミウ @hoshisoramiu

ショートショートばかり書いてます。作風はふんわりさらさらショートショートです。またエッセイも多いです。 長…もっと見る

近況ノート

もっと見る 76

同じ作者の他の小説

もっと見る 18

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 17