大切なものほどよく失くす

 出掛ける時、何度も何度も忘れ物チェックをしたのに、「最も大切なものを忘れた」なんて経験はないだろうか。


 大切なものは「これを忘れるはずがない」と油断する。


 大切なものは「いつもそこにある」と高を括っている。


 しかし、それは命取りだ。


 大切なものだからこそ、どこかでするりと抜け落ちてしまう。


 怖いのは、気付かないうちに少しずつ失っている事。


 まるで握り締めた指の間から零れ落ちる砂のように音もなく、ゆっくりと、そして確実に……


 怖いのは、大切なものから失う事。


「失いたくない!」と思えば思うほど、執着すればするほど、離れて行く……


 それらは大抵、


 お金では買えない。


 他のものには替えられない。


 二度と手に入らない。


 大切なものは、失ってからその大切さに気付く。


 そして、


 大切なものほど、よく失くす。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます