それいけ ☆ あほレビュー

作者 里宇都 志緒

152

55人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

そういう気分になり、励まされました。
私もこのエッセイに倣って、面白いなと思った瞬間、脊椎反射でレビューしようと思います。
ペンネームがあほな作者には冗談が通じるという読みは、目からうろこです。
面白おかしく軽快な名調子で書かれていますが、笑いながら読める、穿った内容と思いました。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

レビューを書くことに、悶えている皆さんに読んでほしい!
勉強になります。しかもレビューを書いたことのある人の気持ちをよく分かってらして、面白い!

「あほ あほ」ばかり言っていますが、きっと貰ってニヤニヤしてしまうレビューを書く方なんでしょうね。
ちょっくら、作者のプロフィール画面を見てきます!

★★ Very Good!!

読み終わって、面白かった。よし、レビューをしよう…、
と思っても、なんだか正解がわからなくて、結局、無回答。
そんな、あなたにあほレビュー。

あほレビューとは、けっしてふざけるとかじゃなくて、難しく考えないで、楽にいこうよ、というもの。
たとえ、支離滅裂で意味不明になったとしても、読んでみて、「確かに、ここに届いたぜ」みたいなパッションを、作者にぶつけていこうよ、言葉で示していこうぜ。…というようなことをユーモアたっぷりに熱く語られています。
レビューの楽しさ、素晴らしさ、そして、可能性。そんなものを感じます。
しかし、実際、レビューを書くとなると、悩みます。なので、もっと、参考例とか、コツやポイントなどを教えてくださると、うれしいです。

★★★ Excellent!!!

「とにかく、レビューを書いて楽しもう!!」
作者様の言いたいことはこれに尽きます。
 そして、楽しむための心構えを教えてくれています。
「どうもレビューは苦手で……」
なんて方は、是非、ご一読下さい。
 勢いが全てを解決してくれることでしょう(笑)。

★★★ Excellent!!!

小説なんて物を作れなくても、カクには参加できる。
それがカクヨムの素晴らしいところ!

レビューを書こう。
近況ノートを書こう。

書けるんだ。読むだけでも。
そんな私も、骨髄反射でレビューを書いてる真っ最中。

ヨムだけじゃ勿体ない。
カクもやろうぜ!

★★★ Excellent!!!

大丈夫!
基準とか、難しく考えないで、面白い! これ好き!って思ったら、ポチッとしていいって、ここに書いてあるもん!

☆の投げ合いとか、そんなん気にしないで、純粋にその作品を読んで反応していいんだっ!

ホント、連載中に頂く☆は励みになりますもん。

もう、激しく同意ですよ!

僕は帯のコメントをイメージして書かせてもらってます。

★★★ Excellent!!!

もらうと嬉しい、けれど自分が書くには難しい。
そんなレビューを自分でも書けるのでは? と気持ちを軽くしてくれる。
あほレビューという名前で実践しているからこその説得力。
星を貰うのは嬉しい。けれど『面白いです』というひとことも同じくらい嬉しいのです。
なのでレビューしてみます。面白かったです!

★★★ Excellent!!!


レビューしてもらうと、とっても嬉しいし、励みになります。
長文でなくても大丈夫。
素直な気持ちを書けば、きっと伝わる。
レビュー苦手、緊張する、という気持ちを軽くしてくれる明るさと、ゆる~い雰囲気が絶妙。
好きなように、自由に、それいけ☆と、背中を押してくれる作品です。

★★ Very Good!!

なんだか気持ちが軽くなった気がします!
思うが儘に、心の赴くままに!
そんな単純なことがレビューへと繋がっていくんだな、と思いました。

私はレビューも「書く」ことの練習だと考えてました。
でも本作を読むともっと気楽でいいんだよ、といわれているような気がします。
実際にそうであると思います。

真面目な私ですが、こういった方のレビューは大歓迎ですよ!

★★ Very Good!!

カクヨムの、おそらく最大の特徴である「レビュー」。人の作品を紹介するのだし、下手なことは書けない、自信がないからよしておこう……と考える人も多いと思いますが、そんなことはない、おそらくガンガンレビューしてくれたほうが嬉しい作者のほうが多い。

まだ連載中だしとか、深く考えなくてもいい。脊髄反射のようにレビューする。その姿勢が、私は好きだし、カクヨムを盛り上げる大きな一助となっていると思います。

★★★ Excellent!!!

 ポップ。宣伝。小生もレヴューはそのように考えております。
 小生は真面目にレヴューをしようとするあまり、失敗したことがあります。面白かったあまりに内容を書き過ぎたり、作家さんに似てる方がいるとか、書いてしまったりしたんです。今では本当に申し訳ないと思っています。真面目に書いて、作者様を傷つけるなら、『あほレヴュー』の方が断然いいですよね。
 その後は感情に素直に書くようになり、今ではレヴューも自分の作品と同じくらい責任を持って書こうと思っています。

★★★ Excellent!!!

思いついたことをとにかく、
書いてみることにしますわ。
たしかに、書いてもらう側になると
どんな言葉もうれしいです。
なのに、いらんこと考え過ぎていたわバカバカ
自分のバカ!
あほっていいなあ、なんかいい。
あたしもやってみます、あほレビュー。

★★★ Excellent!!!

ということです。

自分へいただいたレビューには飛び上がって喜びそのまま空だって翔べそうに思わせてもらう。
他の方へのレビューには「へぇ、そうなんだ、どれどれ」とその方への作品へと飛んでいく。

ということですよね? レビューの効力って(^_−)−☆

それがあほレビュークォリティ★

★★ Very Good!!

自分がされると嬉しいのに、自分がすることには躊躇いを感じてしまう。
この作品は、そんな躊躇いを吹き飛ばしてくれます。

思ったことを、思ったときに。
そこに愛があれば、作者さまも怒らないはず。
少なくとも、私はウエルカム(笑)

関西弁(?)の語り口も読みやすくて入ってきやすい。
レビューを書いたことのない方にも、書くときにちょっと考え込んでしまう人にも。
ぜひ読んでみていただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

カクヨムは、レビューの敷居が高いのかもしれませんね。
推薦しなければならないみたいな気がして星だけ入れてみたいな人も多いです。
解るんですよね、相互とか言われたり、星爆とか言われたり、思われたり、星入れたら迷惑だったかなとか気を遣ったり…。

気楽に『これ面白いよ』だけでも作者は嬉しいものです。
アホレビューでも大歓迎。
ドンドン読んで、ドンドン投下してください。

僕は完結・未完、関係なくその時点で最終話・最新話まで読めたらレビューと決めてます。
逆に途中で挫折したらレビューしません。
マイルールです。

掲示板でレビュ爆と書かれて以来、そうしてます。

★★★ Excellent!!!

「ごはんはおかず」ってアニメ『けいおん!』が流行ったのって何年前でしたっけ?

それはさておき

自分が面白いと思った作品に、他の人にも目をとめてもらう
一緒にその作品を楽しみたい、同好の士をみつけたい
つまりはそれだけのこと

そのレビューがきっかけで、好みの似た読者や作者とコメント付け合う仲になったりするかもしれないけれど、それは結果論っていうかおまけみたいな

オススメしたい気持ちは止められない! なのです

★★★ Excellent!!!

いつでも思い立ったときにレビューしようよってのには激しく同意。
でもまあ、オモロいネタは書けそうにないなあ。
だから、
ぼくは半分作者に同感です。
↑元ネタわかるかな?

★★★ Excellent!!!

高尚なレビューは高尚なレビューを書ける人に任せておけばいい。
もっと気負わずにレビューを書いて、自分もカクヨムも楽しく盛り上げていこうよ!

…ということだと思います。
確かに、楽しんでくれたことが伝わってくれば、たとえ短くてもおふざけが入っていても、レビューをいただけることはすごーく嬉しいです。
そんな嬉しい気持ちを、作品を読んだ作者さんに皆さんもお裾分けしましょう♪

このレビューも、作者さまのおすすめのとおりに、感じたことを感じたままに、書いた内容を振り返りもせずに書いてます。
書くのに5分もかからなかった!
そのまま投下!

★★★ Excellent!!!

 Webコン期間中にレビューの書き方間違えたな!と後悔して以来連載中の小説にレビューを書かなくなった私を励ましてくれる名著。
 レビューは小説より書き手の素が出てしまう(気がする)んですよ……。あたまわるいレビュー書くのだめなんだと思った瞬間心が折れました。
 でもいいんだ! レビューの書き方に間違いなんてないんだ! あたまわるくてもあたまわるいなりに好きなものに好きって言っていいんだ!
 ということを教えてもらいました。
 やっぱり自分の中で込み上げる感情が最大瞬間風速を記録した時に書くのが一番ですよね~!?

★★★ Excellent!!!

創作論・評論は普段あまり読まない私ではございますが、このお話には目からうろこが落ちました。

もちろん志緒さまの作品及び相手の作者様に対する愛情あってのことだと思いますが、いつも「私なんぞがレビュー書くのなんておこがましい」と常日頃思っている身としては、背中を押される気がしました。

一つ一つのお言葉をかみしめ、今後少しずつでもレビューを書いていきたいと思います。

★★ Very Good!!

 この作品ではレビューに敷居を感じている人に向けて書かれています。心の赴くままに、ほとばしる感情に任せて書けばいいんです。それもまたレビューです。生の声です。作者からしたらそう言う声を頂くのも嬉しいものなんですよ。
 アホレビューの場合、そこに更に笑わせると言う要素が加わります。これがまたセンスが無いと難しいのですが……。

 とにかく作品を読んで何か感じたらそれを素直に言葉にして作者に伝えましょう。この作品を読めばレビューの敷居がかなり低くなる事請け合いです。どうか気楽に読んでみてくださいね。

 ああダメだ、全然アホレビューにならなかった。アホレビュワーへの道程は遠い……。

★★★ Excellent!!!

以前、里宇都 志緒さんにレビューをいただいた者です。ものすごく勢いのある、生の言葉が生きていて、たのしいレビューでした。今作で、そのレビューの原点を見れたようで、とても勉強になりました‼

★★★ Excellent!!!

レビューって時に考えすぎて書けなくなったりする。いいこと書かなきゃ、タイトルも凝ったものにしたいとか考えていると、結局何も浮かばなくて書けなくなってしまう。

でも、レビューを書くのってそんなに考えないとダメかな? 素敵な言葉を並べないといけないのかな?

その回答がこの作品の中にあります。
きっとレビュー書くのって楽しそうって思えるはず。