フェアリーウェイト

作者 佐月 詩

僕達の現在」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 素敵な回想シーン☆
    52Pは男のロマンです。仮にキングサイズのベッドだったとしても、一度に乗れるのは何人までなのかなと下世話な妄想をしてしまいました。申し訳ありません。

    作者からの返信

    いえ大丈夫です、寧ろどういった感じになるのかと私もそのあたり適当だったので思い浮かべることができました(笑)
    並ぶのです、きっと並んでいるのですっ。

    2018年6月6日 19:37

  • 深い深い海の底。
    龍宮城という幻想と逃避の場所。

    そこで聞こえるお姉さんたちの声、いえ……

    「タクミ、聞こえるか」

    あぁ。藤岡ひ◯し、の声が離れません。

    作者からの返信

    孤独と不安を紛らわせるように彼が作り出した世界。
    その中に侵入してきた藤お――いえ、腹の底に響くグーターのバリトンボイス。

    「命がある。これはもう、幸せなことなんだ」
    ――ひろし名言集より抜粋――

    2017年10月7日 11:44

  • 「愛とは自分を大事にしながら相手の事もしっかり大事にしなければいけない。
    その愛を、変わらぬ大きさで子供にも向けなければならない。」

    なるほどねぇ、愛ってナニ?って聞かれると結構ムズいんですよねぇ……


    しかし、オッパイの大きさで
    「この子はミキじゃない」
    って言い切っちゃうタクミって……

    タクミって、オッパイ星人なんだね♪
    しかもオッパイ星人ってタモさんの口から発せられたのを聞いて以来♪

    作者からの返信

    愛の定義って、人によって違うし、民族や学んだ宗教的価値観によっても変わって来るので、本当に正解が無いように思います。

    はい、そうなんです。おっぱい星人という言葉すら生温い、おっぱいウロボロスとでも呼ぶべき中学生です(笑)

    おっぱい揉んでいいかな? いいともー!👓

    2017年7月30日 02:27

  • 深層心理の中に竜宮城(笑)
    こう、女をいっぱいはべらせて「ムフフ♪」みたいなのって、古今東西の男の永遠の憧れなのかもしれないですね。

    作者からの返信

    女性も周囲に男性を傅かせて(ただしイケメンに限る)「おほほ」みたいなのは憧れるので、男性もきっとそうなのだと思います(笑)
    竜宮城の中では時の流れが違うと昔話で読んだことがあり、その比喩として出してみました(*^^*)

    2017年7月13日 18:27 編集済

  • 竜宮城をハーレムにするとは....タクミの妄想力はぱねぇですね( ̄▽ ̄;)
    「くぱぁ」の賜物ですけど、同時に愛の定義を探ってるところにブワッと来ました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    作者からの返信

    結愛みりかさん~
    何故彼はこんなにも冷静なのか、なぜ彼は現実と向かい合わないのか。
    書いている時に物凄く、自分でじれったくなった回です(;^_^A
    「くぱぁ(スマステから抗議が来るので自主規制)」は彼の中でどんだけ位置をしめてるのかと( ^^)

    2017年4月29日 20:45

  •  たっくんはたっくんのままなんですね(笑) ぼんのー一直線www

    作者からの返信

    楠様

    彼はブレないですよね(*^^*)

    2017年4月23日 14:46

  • 回想の中でも、たっくんはたっくんのままなんですね。
    こいつはほんと、男ですね。

    作者からの返信

    我那覇様 コメント感謝致します。

    賛否両論あるたっくんですが、一本筋が通っているのは確かです(*^^*)
    早く大人になってほしい(*^^*)

    2017年4月14日 15:23

  • そう、ミキのおっぱいは巨乳じゃなくて「チッパイ」だっ!

    作者からの返信

    鶯ノエル様 コメント感謝致します。

    そこに正義がある限り、
    彼女のおっぱいは永遠にチッパイなのです!(笑)

    2017年4月1日 23:54

  • グーターの容姿がいろいろと凄すぎて、やっぱり妖精じゃないんだろうなぁと思いつつも妖精なのかもしれないと葛藤してしまってます。

    作者からの返信

    東江 様 コメント感謝致します。

    もうほんと、変なことで脳細胞を使わせてしまいまして
    恐縮しかないです(^_^;)

    2017年4月1日 10:46

  • あ、たっくんはやっぱりたっくんのまま。
    正直で一直線でした。
    そして迫りくる終わりの予感が!物語のね……

    作者からの返信

    関川 様 コメント感謝致します。

    純粋にエロい14歳代表です(笑)
    はい、もうすぐ終わります。

    早く有美子の続きをかきたくて^^;

    2017年3月31日 23:49

  •  私の脳内で、グーターに音声が乗りました。どんどんリアリティ溢れるグーターに成長しつつあります。

    追伸。さつきまる様のTwitterをこっそりフォロー致しました。

    作者からの返信

    八住 様 コメント感謝致します。

    有難うございます!
    どんどんティン〇ーベルのイメージから遠ざかっていく
    グーターに、そう言って戴けて本当に嬉しいです!!

    フォローありがとうございます!
    初心者ですが、よろしくお願い致しますm(__)m

    2017年3月31日 19:10

  • 副B長「タクミー、いつまで寝てるんだ! さっさとミキくんのところに行きなさい!」

    B長「まあまあトミーくん、そんなに怒らずに、僕の布団に入りなさい。」

    副B長「B長! ああ、そんな、ああっ……」

    思春期に、少年から大人に変わる〜♫
    タクミくん、ミキちゃんが待ってるよ〜、早く行かないともとに戻るよ〜、そしてEDパートのEDって嫌だよ〜、助けて〜(笑)

    作者からの返信

    ユーリ様 コメント感謝致します。

    この時間にスマホがピロン♪って鳴ったからもしやと
    思って見たらやはり師匠でした。有難うございます。

    アニメ的な感じなのでA→B→ED→Cの流れであります!
    サー(`・ω・´)ゞ

    死郎『EDとガチホモに長旅はさせるな、ってね』
    YOU山『ガチホモ程の価値もないお前に何が解る!死んで償え!』
    死郎『なぜそこまでガチホモに拘るんだ。西洋かぶれのウケはこれだから……』
    YOU山『私はウケではない。誰がなんと言おうがセメだ!』

    2017年3月31日 05:23 編集済