フェアリーウェイト

作者 佐月 詩

ミキ パーツ不足の原石美少女」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 特に中学生の頃って、こういう事に神経質というかデリケートになりますね。
    愛宕も、当時は一つ下の従姉妹に対して冷たく接してしまった期間がありました。結局、従姉妹は途中で不登校となってしまいましたが、自分が引き鉄なのかなと今でも心を痛めています。今は、ようやく近所のバイトレベルですが引きこもりから抜け出して、外の空気を吸えてますけど……あぁ、何を真面目な話をしてしまったのでしょうか。これは、愛宕ではありません。別人ですよ、別人。ミキちゃんの「ストン」に萌え始めようとしている貧乳の罪人です☆

    作者からの返信

    わかりますとも。
    迷えるストン星人さまですよね。

    小学校中学校の頃は、あれは仕方ないんですよ。もっと相手の気持ちを思いやりなさいとか、口に出す前に考えてから喋りなさいとか、大人は言いますけど、そんな綺麗事は社会に出て色々揉まれてない小中学生には届かないと思うのです。

    2018年5月30日 09:42

  • 子供時代特有のシリアスな展開がありそうですね。
    『龍の背中に乗れる場所』で彼女の後日談を知っているだけに気になります。

    作者からの返信

    雹月あさみさま

    中々にシリアスな展開も、この感じで予想されると思いますが、そこは実は実は!!

    このお話のテーマでは無かったりするので、あまり触れていないという現実(;^_^ 勿体ぶったプロローグで申し訳ありません。

    でもね、でもですね、言い訳させていただくと、これも煙ま……っと!
    書いてから暫く経つので、ネタばらしをしてしまう所でした。
    ふうっ、危なかった✨

    2017年9月21日 23:53

  • ミキさんの事情には衝撃でしたが、色々と納得出来ます。
    たっくんのミキちゃんへの応対も、思春期には誰しもが経験してそうなリアルさなので、グッと引き込まれました。
    これからどうなるのか、楽しみです(*^^*)

    作者からの返信

    みゃも様♪
    えっと、そろそろ真面目な話からコメディへと移行します^^;
    でも軸である純愛は貫きます(*^^*)

    2017年4月26日 21:20

  •  うん、子どもらしい残虐さだよね。でも、この頃の僕は、とあるからには現在は違うんだろうね?
     続き、気になります。

    作者からの返信

    楠 様 コメント感謝致します

    子供の頃は『無邪気』ですが大人になれば世間を知って仮面をかぶってしまう。どちらもその子に関心がなければ、それ以上考えてもくれないので一緒でなのではないか…みたいなことを語っている場合ではなかったです(;^_^A
    はい、現在に追い付いていただけることを願うばかりです^^

    2017年4月20日 14:08

  • >時に貧乳は人の心を惑わせる媚薬のような物だ。

    ですよね〜

    作者からの返信

    さよなら本塁打 様 コメント感謝致します。

    そこに正義がある限り、そうですよね(*^^*)

    2017年4月16日 14:49

  • リアル故に一層考えさせられますね。
    ……まずは黙って先を読み進めてみようと思います。

    作者からの返信

    矢口馬太 様 はじめまして!

    読んで戴いて、本当に感謝致します。
    宜しくお願い致しますm(__)m

    2017年4月2日 21:33

  • あえて「おっぱいカーニバル」に食いつきます。
    アレはいいものだった……。

    作者からの返信

    東江 様 コメント感謝致します

    大きさ、形、弾力、配置、全てが揃ってこその
    カーニバルですよね(*^-^*)

    2017年3月30日 16:41

  • クラスカーストか。随分酷い制度に身を置いてしまっていますね。言葉には、悪意も宿ってしまって、子供の頃にはよくありますが。工は、エゴと思いつつも、引きずられたくなかったのですよね。難しいけど、遠回しなイジメです。でも、ここから、軌道がかわるのですよね?

    作者からの返信

    真白様 コメント感謝致します。

    そうですね。学生の頃はそういう事を考えずに
    使いますものね。この描写はこういう感じでしたという
    ことをふまえてもらうためのバックボーンです。
    ここから物語がはっちゃけますので、その布石な感じです。

    2017年3月28日 21:39

  • 読みやすいですね………。
    ひどく読みやすいです。
    内容は、いわゆる「明るいお話」ではなさそうですが、なんと言いますか、真に迫っている気がします。

    作者からの返信

    おはようございます。
    時流話説 様 コメント感謝致します。

    有難うございます(*^^*)
    そう言って頂けると嬉しいです。
    宜しければ読み進めて頂けると嬉しいです。

    あ、そう言えば『炎系能力者』、
    今日か明日には読みが最新話に追いつきますので
    レビュー入れますね(^^)

    2017年3月27日 06:22 編集済

  • キャッチコピーだけ読むと、ライトな感じですが、実は結構シビアな要素を含んでますよね

    作者からの返信

    月花様 コメント感謝致します。

    はい、含んでます。
    コメディ無しだと感動ポルノになるのでコメディ要素多めで(笑)

    2017年3月26日 15:50

  • 心が痛くなりそうな予感がする。。。

    作者からの返信

    猫目少将 様 コメント感謝致します。

    こちらにも来て頂いて有難うございます。
    安心して下さい。
    さつきまるクオリティですよ?(笑)

    2017年3月24日 23:41

  • タクミの行動も正直理解できるというか普通ですよね。
    それだけに後で振り返ると痛みが出てくる。
    でもどうしようもない気もする。
    まして学校という集団の中にいたのでは。
    世の中って、そして人って、ままならない感じがすごくしますね。

    作者からの返信

    関川様 コメント感謝します!

    邪魔なやつって、思われてるやつっているじゃないですか。
    あの時期って、
    誰かがそう言い出すとみんなそんな雰囲気になったり。
    でもよくよく考えてみたら、
    邪魔なやつって別にそんなに邪魔じゃなかったり…^^

    2017年3月21日 00:06

  • なんか、すごく切ないです。
    誰もが共感できそうな、リアルなエピソードが素敵!

    作者からの返信

    我那覇アキラ 様 コメント感謝します。

    そう言って頂けると嬉しいです。
    但し『感動ポルノ』にするつもりはありません。
    彼女には彼女の分担があります。

    主人公男がそろそろはじけ始めますが、ご容赦下さい。

    2017年3月17日 14:35