小説書きのための歴史資料(16世紀イギリス)

作者 赤坂 パトリシア

53

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

歴史小説であれファンタジーであれSFであれ言えることだが、
「現代日本ではない世界」に生命感を持たせるためには、
書き手が現代日本のそれとは違う「普通」をつかむ必要がある。

「普通」って何だろう?
常識、スタンダード、風俗、時流、風潮、トレンド。
いろんな要素はあると思うけれど。

本書『小説書きのための歴史資料(16世紀イギリス)』には、
資料から伺える当時の「普通」が所見付きで紹介されている。
トリビアたっぷりのコラムとして、とても興味深くて楽しい。

小説を書くに当たっての「情報の取捨選択」についても、
本書を読みながらあれこれと考えさせられた。というのも、
調べた情報を「捨てる」覚悟ができない書き手が多すぎる。

読み手は小説を読みたいのであって、解説など欲しない。
台詞仕立ての説明文ではなく、息づいた描写が読みたい。
世界観を作り込むことと設定に溺れることは全く違う。

そのあたりのバランスを成功させるには確かな知識が必要で、
描く世界について何を訊かれても答えられるだけの下地が、
書き手に「捨てる」覚悟をさせ、物語にリアリティを与える。

日本を舞台にした歴史小説や時代小説ならば、少し楽だ。
戦国時代から江戸時代、幕末にかけては映像作品が多く、
書き手と読み手に共通認識としての「普通」がある。

けれども、それ以外の時代や国、異世界を舞台にするならば、
既存の映像作品という共通認識に頼ることができない以上、
書き手が自力で世界観すべてを描かなければならない。

勝者と支配者の系譜はともかく、当時の「普通」なんて、
ちょっとググった程度では調べられないものでしょう。
その点、本書は本当に丁寧でわかりやすくて親切設計。

歴史を学ぶことと歴史小説を書くことの間にある、
難しさと楽しさを感じたり共有したりしたい人に、
ぜひ本書を読んで膝を打っていただきたい。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

学校で教わる歴史といえば、為政者や宗教家、芸術家らの偉業のみ。
その時代に生きる普通の人々は何を考えて日々の暮らしを送っていたのか?
そんな素朴な疑問には学校の教科書は答えてくれない。

そうした、表の歴史に現れない庶民や貴族の暮らしぶりを教えてくれるのがこの雑学集。
当時の食事や住居、文化風俗に関する話は純粋に読み物としても面白く、また創作の参考としても価値が高い。

私はよく、SFで未来を描く際に重要なのは「リアリティ」だと人に語っているのだが、
SFに限った話ではなく、歴史小説でもファンタジーでもやはり大事なのはリアリティだ。
「神は細部に宿る」と言われるように、日常の暮らしのなんでもない一幕こそが作品の出来を分ける。
真面目な歴史物を書きたい人にも、また中世風なんちゃってファンタジー世界を作り込みたい人にも、ぜひ一読を勧めたい。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました