エンドロール【最終回】

1725年12月

新たな宣戦布告により幕を開けた戦争はマデランの快進撃で幕を開けた。

その後、順調に革命軍の地域を解放していき、1ヶ月経った現在では約40%が制圧された。

戦争を終わらせた戦争は新たな戦争を作り戦争は続く…


「…これからの戦いは陸戦となろう。」

壇上では新階級による初の陸軍元帥に就任した、パール・スミサンテスが演説していた。

新階級は旧階級より階級が増えた形になる。

旧階級では中将、大将、総帥の順であったが、新階級では中将、大将、元帥、総帥というふうに追加がなされた。

また、旧階級では主席階級があったが、新階級では少尉、中尉、大尉、少佐、中佐、大佐のように昇格制にし主席階級を撤廃した。

新たな首相、オータム元海軍総帥が就任した。

新たな面々としてこの場を借りて紹介しよう。

【空軍】

中将(司令長官):ファルガット・ロシナンテ(元少将)

大将:ファメス・ディーン(元中将)

元帥:カルカット・リム(元大将)

総帥:サーベル・フォン・ベル(現職)

【海軍】

中将(司令長官):ダン・ジョーク(元大佐)

大将:カルベルト・ヤンディア(元中将)

元帥:ケーン・モローバー(元中将)

総帥:ライオン・マドナエル(元中将)

【陸軍】

中将(司令長官):バンディット・ワルセーナ(元大佐)

大将:ホバラルリ・アーゼナル(元少将)

元帥:パール・スミサンテス(元中将)

総帥:ランド・アルストロムル(元大将)

【政府】

首相:オータム・イーザーズ(元海軍総帥)

大統領:アイフマン(元首相)

空軍総帥以外は全て新任に様変わりした。

レンドルン民主主義国については連邦時代の侵略地、ミンテル、アガット、シュース中立国の三国を解放独立、マデラン国境地帯数百キロを返還。

これで戦争は集結した…

第一次戦争がな…















〜戦争は繰り返す〜

次回、新兵と新しい戦争…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

12歳の飛空士 大和あかさ @yamato0510

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ