12歳の飛空士

作者 大船 丹砂

フォロー 1話目から読む

大空へ羽ばたく飛空士は12歳。しかも天才だった。 大船 丹砂

革命歴1713年、独裁国家レンドルン連邦がマデラン共和国に宣戦布告を行った。
戦局は泥沼になり、ついに10年と長期化してしまった。

戦争初期、主人公ユキの父親ギャンが部下をかばい戦死した。
しかし、それには意外な裏が…

これは戦争により父を、病気で母を同時に2歳で失い、父親の敵を取るため12歳で空軍大尉になった天才少女の物語である。


おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

12歳の飛空士

@yamato0510
執筆状況
連載中
エピソード
11話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り
タグ
戦争 戦い 飛空士 ミリタリー
総文字数
32,974文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
0

アクセス数

作者

大船 丹砂 @yamato0510

初めまして! 空想小説を得意とする大和です! もし宜しければアドバイスお願いします! 「こんな話がいいなぁ」…もっと見る