第64話

「イタッ!」


 こぶしが突き刺さったのはなんと、ベルダイアのおなかだった。

(げえっ!まじか。)


「ダイス?何をしているのかしら・・・?」


 ベルダイアの眉間には深いしわが寄っている。


「ここは女子寮ですよ?魔法で隠れているつもりでもバレバレよ。おまけに人のおなか殴っといて、謝りもしないの?」


「あ!!す、すみませんでした!ここに来た理由はですね・・・。」


 ダイスはそう言ってダッシュで走り始めた。


「あ!こら。待ちなさい!!」


(く・・・。に、逃げられた。)


 ベルダイアの中で、ダイスへの訝しみが強まった。


*  *  *


「あぶねー。ベルダイア先生の腹だったのか。案外、や、柔らかかったな。腹筋、ないんだろーな。」


 失礼なことをがっつりと考えているダイスであった。


*  *  *


「ミシェル。ちょっといい?」


 ミシェル達の部屋にベルダイアがずかずかと入りこんできた。


「はい、何でしょうか?」


「ネマさんは悪いけど、外してくれない?」


「あ、先生大丈夫ですよ、ネマも知ってますから。気兼ねなく話してください!」


 ミシェルが笑顔で言う。


―――ブチッ。


 なにかが切れた。


「・・・ミシェル、私、口外するなと言ったわよね・・・?」


「え、言いましたっけ?」


 とぼけるミシェルにベルダイアは怒る気力を失った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!