遠い日のソナタ、きみに歌うアリア

作者 氷川マサト

38

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

高校生の淡い恋物語ですが、単純なラブストーリーではありません。

読んでいる間ずっと美しい「アリア」と「ピアノ」が脳内に流れます。時に哀しく時に切なく。

彼パートと彼女パートが交互に物語を奏でます。まるでオペラのように。ラストに向け物語も音楽も最高潮に。エンディングはスマホを握りしめました。心が震えました。

ぜひみなさんも彼らの物語(コンチェルト)を「聴いて」みてください。「感じて」みてください。

★★★ Excellent!!!

言葉ではなく、理屈ではなく理解し合える。

人の想いと、音楽の力が、すこし不思議な世界を作り出し、恋を超えたものへと進化する。


音楽の世界に浸りながら読み進められました。
つくづく、音楽の神髄は魂なのだと気付かされます。

せつなくて、感動して、希望と勇気をもらえる物語です。
この素敵な物語に出会えて、本当に良かったです!

音楽に詳しくても詳しくなくても、読みやすく、共感出来るので、是非、多くの人に読んでいただきたいです!

★★★ Excellent!!!

 ロマン溢れる物語だ。

 共に同じ想いを向けながらも、その魂の存在は此方彼方。
 少女、其方(そなた)は?
 ソナタであり、アリア。

 終始、緩やかなテンポで読ませてもらった。

 音楽を接点に、彼、そして彼女らのリアルは、どこにあったのか。
 ネット上か、肉体を持つ現実か、或いは魂というスピリチュアルな領域にか。
 その帰結は、是非、その目で確かめ、そして愛でて欲しい作品である。
 終盤、フィナーレへの流れは、作品タイトルと相まって、確実に貴方にカタルシスを与えてくることを保証……

 いや、奏でてくれる、と言おう。

★★★ Excellent!!!

同じクラスメイトにもかかわらず、ほとんど接点のなかった有翔と歌子。
しかしそんな二人の関係は、学校行事である合唱コンクールを境に、徐々に変化していきます。
と、ここまでならきっとよくある学園恋愛ストーリー。
でもここに、少し不思議なファンタジー要素が加わることにより、物語はとても切ない様相へと変化していきます。

読み進めるうちに、ふと感じる違和感。次第に強くなる不安。
最後はきっと、涙なしには読めないでしょう。

等身大の魅力溢れる主人公、巧みなストーリー展開。
沢山の想いが散りばめられた、素晴らしい作品です。
是非多くの方に読んでいただきたいです。

★★★ Excellent!!!

家庭の事情を抱え、いじめという過去を抱えつつ、ネット上で音楽を表現する二人が心で繋がった。

静かで切なく、時に熱っぽく奏でられる物語の中に、時折交じる不協和音。
その違和感が物語に強い引力をもたせていきます。

フォルティシモで盛り上がるクライマックスにはその不協和音が解かれて、すべてが美しく、悲しくも温かな旋律となって重なり、一筋の光へ向かって進むような静かな後奏につながっていきます。

ariaが一つに繋がるとき、きっとあなたも「彼ら」の寄り添う未来を願わずにいられなくなることでしょう。

★★★ Excellent!!!

いじめにあっている、歌子。
いじめにあっていたことのある、有翔。
お互い意識しつつも交わることのなかったふたりの日常が、合唱コンクールをきっかけに動き出します。

作品のコンセプトもあって、作中ずっと静かな音楽が流れているような印象がありました。
速くなり、緩やかに流れ。重く締めつけられるかと思えば、不意に輝きながら弾む。

そんな切なさと輝きを、是非あなたも味わってみてください。